• 小
  • 中
  • 大

【カレッジ日本代表】メキシコに敗れて2大会連続で世界3位 メキシコが3連覇

6月24日、中国・ハルビン市で行われている第3回FISUアメリカンフットボール大学世界選手権に出場中のカレッジ日本代表は、メキシコと対戦した。カレッジ日本代表は第1Qに先制するもその後追加点を奪えず、逆に失点を重ね3対39で敗れた。この結果、カレッジ日本代表は2勝2敗となり、前回大会に続いて世界3位に終わった。勝ったメキシコは3連覇を達成した。

試合記録はこちら

この試合前に行われたアメリカ対韓国戦でアメリカが勝ち、優勝の可能性が消滅していたカレッジ日本代表。それでも有終の美を目指して勝利を追求したカレッジ日本代表は、メキシコの最初のドライブをスリーアンドアウトで抑える幸先良いスタートを切った。そして、直後の自陣18ヤードから始まった攻撃では、QB柴崎哲平(早稲田大学)がWR高津佐隼矢(法政大学)へ12ヤードのパスを成功させると、さらにWR廣吉 賢(立命館大学)へも14ヤードのパスをヒットした。なおもカレッジ日本代表は、RB西村七斗(立命館大学)の4ヤードランとQB柴崎からWR佐藤凱輝(慶應義塾大学)への8ヤードパスでファーストダウンを更新。敵陣へ侵入すると、QB馬島臨太郎(法政大学)のパスや相手の反則もあって敵陣18ヤードまで進んだ。この好機に、RB西村の5ヤードランで13ヤードまでボールを進めると、K廣田祐 (慶應義塾大学)の30ヤードFGにつなげ先制点を奪った。

第1Qはメキシコの攻撃を無失点に抑えたカレッジ日本代表だったが、第2Qに入って失点を重ねた。ランを軸に自陣までの侵入を許したカレッジ日本代表は、第2Q残り7分28秒、ゴール前6ヤードでタッチダウンランを許し逆転されると、前半残り1分29秒には30ヤードFGを決められ、3対10で前半を折り返した。

これ以上点差を離されたくないカレッジ日本代表だったが、後半開始早々にインターセプトからターンオーバーを喫して失点。さらに、第3Q残り7分4秒にも3ヤードタッチダウンを奪われた。第4Qに入ってもカレッジ日本代表は得点を奪えず、逆に試合残り3分3秒と1分24秒に失点して万事休した。

カレッジ日本代表は、パスでは155ヤード対151ヤードでメキシコを上回ったが、ランで17ヤード対200ヤードと大きく離された。なお、この試合のゲームMVPには、DB荒尾亮汰(立命館大学)が選ばれた。

第3回FISUアメリカンフットボール大学世界選手権は、この日で閉幕した。最終順位は、1位メキシコ(4勝0敗)、2位アメリカ(3勝1敗)、3位日本(2勝2敗)、4位韓国(1勝3敗)、5位中国(0勝4敗)となった。

試合日程

6 14 13:00
17:00
アメリカ
日本

中国
韓国
  16 13:00
17:00
メキシコ
日本

韓国
中国
  19 13:00
17:00
日本
メキシコ

アメリカ
中国
  21 13:00
17:00
中国
メキシコ

韓国
アメリカ
  24 13:00
17:00
アメリカ
メキシコ

韓国
日本

カレッジ星取表

  Mexico-Flag-128 Japan-Flag-128 United-States-Flag-128 China-Flag-128
Mexico-Flag-128    ◯
39-3
 ◯
20-17

70-0

69-0 
Japan-Flag-128
39-3
 
3-42

70-0 

32-0
United-States-Flag-128
17-20
 ◯
42-3
 
69-0
 ◯
69-0
China-Flag-128
0-70

0-70

0-69
   

0-69

0-32

0-69
   

 

点数をクリックすると結果に飛びます