• 小
  • 中
  • 大

IFAFフラッグフットボール世界選手権2018大会が終了、女子は7位、男子は8位。

8月9日から行われておりました、IFAFフラッグフットボール世界選手権2018(FFWC2018)が
終了した。
男子は10カ国中8位、女子は11カ国中7位の成績打開会を終了した。

男女とも予選リーグをブロック4位で通過した日本代表は優勝の可能性を残し決勝トーナメントにコマを進めた。
男子はメキシコと大接戦の試合展開、一歩及ばず20-21と惜敗、に、女子は強豪アメリカに6-46とそれぞれ
一回戦で敗れ準決勝進出は果たせなかった。
7位決定戦に回った女子日本代表、接戦となったデンマーク戦を32-27で制し7位となった。
一方、5位の可能性を残す男子はカナダと対戦したが14-31で敗戦。続く7位決定戦では地元パナマに33-60で敗れ
8位の成績で大会を終えた。

男子決勝はオーストリアとアメリカの対戦、アメリカが優勝、オーストリアが準優勝という結果。
女子決勝は地元パナマとアメリカの対戦、こちらもアメリカが勝利し優勝、パナマが準優勝となった。
男女ともアメリカが優勝という結果で、FFWC2018は閉幕した。

決勝トーナメント結果